ネイチャーリズムの成分を検証!   効果の秘密を公開します。 

ネイチャーリズムの成分から、なぜこんなに効果があるのかを調べてみました。購入を検討されている方は参考にして下さい。

ネイチャーリズムの成分って?



ネイチャーリズムが人気なのは、効果があるからですが、
なぜそんなに効果があるのか?

ネイチャーリズムの成分を検証して、効果の秘密を
調べてみました。

 

ネイチャーリズムの成分を公開




原材料名に載っている成分は、分量が多い物から順
描かれています。


つまり、ネイチャーリズムの成分で、一番多い物が
水溶性食物繊維

その次に多いのがデキストリンとなるわけです。

では、分量の多い物から順に、検証していきます。


 

水溶性食物繊維とは…



文字を見てわかるとおり、水に溶ける食物繊維です。

水に溶けるといっても、塩や砂糖のように溶けたら見えなくなる
わけではなく、水分を含むとゲル状に変化します。

海藻類やこんにゃくに多く含まれて、腸内では腸内細菌の栄養分と
なる他に、余分な栄養の吸収を妨害して便として排出する働きをします。


また、満腹感を促進するのでダイエットの強い味方になります。

食後の血糖値の急激な上昇を緩和する働きもあります。

水などに溶かした時にトロトロ感が出てくる正体はコイツかもしれませんね。


 

デキストリン



食品添加物のような名前ですが、その正体はデンプンです。

ジャガイモやトウモロコシなどのデンプンを加水分解した際に
出来る食物繊維のことで、特定保健用食品としても許可されている
安全性が認められた食品です。

いろんな食品にトロミをつける際に使われることが多い成分で、
副作用がない事も証明されています。

コイツもとろみの正体みたいですね。

身体に足りない食物繊維を補ったり、糖の吸収を抑える事で、
ダイエット効果が期待できます。

腸内環境を整える効果もあるんですが、
取りすぎるとお腹が緩くなる事があるため、ネイチャーリズムを
飲み始めて、すぐに下痢したりする事があります。

これは、身体が慣れてきたら自然と治まる症状のようです。


 

チアシード



スーパーフードとして、海外セレブでも人気の食品として
有名ですが、シソ科の植物の種なんです。

一見ゴマみたいですが、無味無臭な不思議な食品です。

乾燥しているときはゴマみたいでも、水分を含んだ時に
本領を発揮します。

その中心に種を残したままで、周りがジェル状に膨らんで、
体積が約10倍にまで膨れ上がります。

見た目はカエルの卵みたいですが、噛むとプチプチとした食感を
楽しめて、少量で満腹感を得られるため、ダイエットに最適の食品です。

栄養価も非常に高く、食物繊維やαリノレン酸・アミノ酸などを
含んでおり、不足しがちな栄養素の補充や、美容・美肌効果が
期待出来ます。


満腹感と豊富な栄養素を得られる、まさにスーパーフードです。


 

大麦若葉



青汁の原料として使われることが多い食品ですが、
栄養価が豊富で、生活習慣病の改善にも効果があるとされています。

肌老化の原因となる活性酸素を除去するSOD酵素の含有率が高く、
食物繊維・ビタミン・ミネラル・カテキンなどもバランス良く
含まれています。

食物繊維はキャベツの約15倍。
カルシウムは牛乳の約10倍。
葉酸はブロッコリーの約5倍。


栄養のバランスが良好で、眼精疲労対策や、むくみ・貧血にまで
アプローチする食品として期待されています。

置き換えダイエットを行うと、その分栄養が不足しがちになりますが、
ネイチャーリズムなら、低カロリーでありながら栄養は豊富に
含まれているから安心です。


 

脱脂粉乳


年配の方なら、まず思い浮かべるであろう脱脂粉乳のイメージは、
戦後の学校給食で、牛乳のかわりに飲まされていたマズイ飲み物
ではないかと思います。

ですが、現代においては匂いも味も改善されて、様々な食品に
使われています。

簡単にいうと、牛乳から水分と脂肪分を取り除いて粉末にしたものです。

脂肪分を取り除いているので、カロリーは牛乳よりずっと低くなり、
そして脂質はほぼゼロとなっています。

それなのに、カルシウムやタンパク質は牛乳以上に含まれているという
ダイエットには嬉しい食品なんです。


ダイエット中はどうしても、脂質糖質を意識的に減らしがちですが、
そうすると、カルシウムタンパク質といった必要な栄養まで
不足しがち
になってきます。

タンパク質不足は、貧血や便秘、疲れやすいなどの症状に繋がりやすいため、
ダイエット中でも積極的に摂取すべき栄養素となります。


脱脂粉乳なら、栄養価が高いのにカロリーは低く脂質はほぼゼロですので、
ダイエット中の体調管理に効果を期待出来ます。

ダイエットして体調を崩したんでは、意味がありません。

健康的にキレイにダイエットするには、ネイチャーリズムは
理想的と言えそうです。



ネイチャーリズムを通販で購入しようと検討されている方は…

⇒ネイチャーリズムの詳細はこちらから

 

バジルシード



チアシードとよく似た名前ですが、その正体はバジルの種です。

チアシードと同じで水を含むとグルコマンナンという食物繊維が
種の周りに発生して、カエルの卵のようになります。


チアシードと違うのは、チアシードが約10倍まで膨らむのに
対して、バジルシードは約30倍にまで膨らみます。

味や匂いは、殆ど感じることはないようです。

栄養価的にはチアシードと殆ど変らないようです。

大きく違うのは、膨張率の違いからくる食物繊維の量ですね。

また、水を含んだものを取り出して、チアシードと比べてみると、
バジルシードの方が『カエルの卵』感が強いみたいです。

苦手な方は、あまり観察しないで飲まれた方が宜しいかと…。


 

その他…


コンニャクイモ抽出物、ドロマイト、
植物発酵エキス(大豆・やまいも・りんご・オレンジ・キウイフルーツ・
バナナ・カシューナッツ・ゴマ・桃を含む)、
食用酵母(マンガン、亜鉛、銅、クロム、モリブデン、セレン含有)、
チオクト酸、豆乳末、ギムネマエキス末、精製魚油(DEH、EPA含有)、
グリーンコーヒー豆エキス(クロロゲン酸類含有)、亜麻仁油、
野菜ミックス(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、
パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、
よもぎ、トマト)、
ジャムウガリアン(白コショウ末、ウコン末、タンポポ末バジル末、
キャラウェイエキス、クスノキ末、ヤマイモ末)、
希少糖含有粉末/サイリウムハスク、クエン酸、キサンタンガム、
香料、甘味料(L-α-アスパルチル-L-フェルニルアラニンメチルエステル)、
アルギンサンカルシウム、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、
パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、
葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

その他、これらの成分から成り立っています。

人工甘味料が入っていますが、これは幅広い食品に使用する事が
認められている成分です。